ディスペン パック ジャパン
片手でカンタン!
キレイで便利な調味料ポーション容器
ディスペンパックとは?
商品ラインナップ
ケーススタディ
Q&A
商品開発のご提案
ホーム
HOME会社案内 > 沿革
会社概要
高度な技術開発力で豊かな食生活に貢献しています。
 
社長挨拶 会社概要 事業所一覧 受賞歴 採用情報
環境報告書        
ディスペンパックの魅力
 
1980〜
1983年     米国サンフォード・レッドモンド社によって考案される
1986年     三菱商事(株) サンフォード・レッドモンド社より日本に おける独占実施権取得
      キユーピー株式会社、三菱商事株式会社、ダイヤパッケージング株式会社(現三菱商事パッケージング株式会社)の合弁事業として資本金4,000万円でキユーピー株式会社仙川工場内に設立
1987年     三菱重工業株式会社によって開発された世界最初の実用生産1号機、2号機設置
      ホテルレストランショーに世界で初めて実用化されたディスペンパック商品を展示
      キユーピー株式会社よりマヨネーズ、ドレッシングのディスペンパック充填包装の委託を受け世界最初の商業生産を開始
1988年     社団法人日本印刷産業連合会のジャパンパッケージングコンペティションにおいて通商産業省生活産業局長賞を受賞
      社団法人日本包装技術協会の‘88日本パッケージコンテストにおいてグッドパッケージング賞を受賞
東京ディズニーランド、東京ドーム、コンビニエンスストア、ファーストフード等の幅広い業態に採用される
      グッドパッケージング賞
1989年     ツイン(二液)タイプ容器を当社が考案し、生産開始
1990〜
1991年     ディスペンパック2液容器を実用新案として登録
1992年     Lサイズ容器対応マシーン開発
1995年     脱塩化ビニール容器としてPET容器を開発製品化する
1997年     神奈川県南足柄市にHACCP対応の南足柄工場完成
      サンフォード・レッドモンド社より日本国内の特許権を買い取る
1998年     脱塩化ビニール容器としてポリスチレン容器を開発製品化する
1998年     '98東京PAKで日本包装管理士会が開催した、「包装管理士と生活者が選んだ
パッケージ展」のアンケートでバリアフリーNO.1の評価を受ける
1999年     ツインタイプの非対称容器のFタイプ容器を開発製品化する
2000〜
2000年     ISO9001の認証を全社一括で取得
      ISO9001認証
      資本金を1億4千万円に増資
2001年     日食優秀食品機械資材賞を受賞
2002年     ISO14001の認証を南足柄工場で取得
2003年     社団法人日本包装技術協会'03日本パッケージングコンテストにおいて納豆用
「たれ&からし」容器がグッドパッケージング賞を受賞
      キユーピー株式会社仙川工場よりドレッシング生産を移管
 
  グッドパッケージング賞
 2004年     ブリスターパック機、仙川工場へ設置
    ISO14001の認証を本社・仙川工場で取得
 2006年     山梨県富士吉田市キユーピー株式会社富士吉田工場内にて富士吉田工場稼動
2007年
    ISO14001の認証を全社で取得
2009年
    ISO22000の認証を全社で取得
 
  iso22000
      社団法人日本包装技術協会'09日本パッケージングコンテストにおいて「マルチ
ディンプル」がテクニカル包装賞を受賞
2010〜
2010年
    キユーピー仙川地区再編により、仙川工場を閉鎖し富士吉田工場に集約移転
    酸素吸収フィルムを使用し、賞味期限の延長を実現
    キユーピーハーフ他家庭用商品に採用
2013年
    FSSC22000の認証を南足柄工場、富士吉田工場で取得
2016年
    渋谷事務所から本社・開発部門を仙川キユーポート、営業部門を渋谷オフィスに移転
 
   
株式会社 ディスペンパック ジャパン
Copyright DISPEN PAK JAPAN. All rights reserved.

会社案内 採用情報 トップへ戻る